読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンドレス・サマー

前向きで切ないアイドルたちが大好きです。

ウラ嵐マニア Disc3

あらし おんがく CD 全曲紹介

今日も引き続き全曲感想です!
もうしばらくおつきあいください^^

ウラ嵐マニアDisc3の紹介は続きから!

■ウラアラマニアDisc3一覧

■1.Still...
 みんな大好き多田慎也さん楽曲。カップリング投票も堂々の1位です!そんなわけで、嵐の曲で一番好き!という方も多い曲かもしれません。この曲は、これまでの眩しい日々を思い出しながらも、道が分かれていくことを受け入れて、前に進んでいくという感じの曲ですね。嵐が得意なジャンルです(笑)前向きなスタートの中ににじむ過去の切なさと眩しさに目を細める感じです。

■2.Snowflake
 相葉さんから始まるんだけど、声がね、もうちょう優しい!あと、タンバリンなのかな?この音がすごく効いてる。これも日常にあるささやかな愛と別れの歌です。嵐の大好きな失恋ソング!!短いんだけど、大野さんのソロがめちゃくちゃ切ない。

■3.冬を抱きしめて
 ミディアムテンポで久しぶりの王道ラブソング。「そばにおいでよ 1mmの隙間もいらない!」「冬を抱きしめて 君をあたためて」とか、ちょっとデフォルメされた感じの主人公が可愛いですね!タイトルから想像されるのは、結構こてこてのバラードだったんですが、真逆でブラスがいいアクセントでちょっとジャズ感もあるリズムの気持ちいい楽曲です。

■4.How to fly
 なんとなく海賊っぽい曲だなーと思いました(笑)NEWSで言うとサヤエンドウ的な!たぶんうぉうぉうぉうぉーとか、えおーえおーとかが旗でも振りまわしてる感じがあるのと、アコースティックギターのソロの印象かもしれません。よくわからないんですけど、すごく印象に残る曲です。

■5.スマイル
 これも程よいテンポで、パーカッションが効いてて思わず体が動いちゃう曲ですよね。「想像を」「超えて」を順番に歌っていく感じとか、「誰だって 何だって 出来るはずだから」「裸足のままで 暑い夏にしよう」とか、ビーチを走っていく嵐の夏&仲間感がいいですよね。あとは、大野さんのフェイクが素敵です。

■6.僕が僕のすべて
 これ大好きです!auのCMのイメージも強いですよね。始まりのキーボードっぽい電子の音も好きですし。「ありのままでもう一回歩き出そう 悲しみ超えて」「今ここにいる僕が僕のすべて」「僕は僕の人生も運命も抱きしめていこう」「春夏秋冬を走って走って走って」「今以上に自分のことを信じるよ」等々、曲もなんですけど、歌詞がすごく心に響きます。翔くんのリリックもいいですよね。「そう未完成で立ち止まった不安を」「ありのままの自分を受け入れたら」と、曲の世界観を延長させるリリックですね。現状を肯定しよう!というところから始まっているという点で、私の中でこれを超える応援歌は当分出てこないんじゃないかなーと思ってます。

■7.忘れられない
 この楽器なんていうんでしたっけ?尺八?そんな感じの笛の音が効いてますよね。Aメロの楽器の入れ方も好きですし、意外にきらきらした感じの音楽ですよね。ピアノとギターが重なっていくところも、そこに尺八が乗ってくのも大好きです。あとは、大野さんの「あきれるほど君を〜」の「を〜」のビブラートのかけ方に全部込められてますよね。これも、泣きの大野智を聞きたいなら超おすすめです!

■8.トビラ
 これも多田さん楽曲。突き抜けた感じの明るいアイドルソング。サビのおっおっおっの感じがとっても好きです。これも応援歌的な、まだまだ先にいけるよ!というメッセージの曲ですね。シンセサイザーかな?がすごくいいですね!聞いてるとなんだか、手を振りながら曲にノりたくなります。

■9.season
 これも大好きです!&auのイメージですね(笑) 世界観がstillともちょっと似てます。春って出会いと別れの季節なので、未来のまぶしさとおいてきたものへの切なさが同居している感じがとってもいいです。大サビの大野さんの「ひらひらと〜」がいつ聞いてもいいです。ストリングスや木琴、ピアノの音も、パーカッションのきらきら感もほんと好きです。

■10.時計じかけのアンブレラ
 この謎めいたミステリアスな曲調大好きです。あと、0号室の底知れない雰囲気にぴったり合ってましたね。アラフェスのセトリに入ってくれてて、しかも振付がついて嬉しくて仕方ないです!初っ端の「もし迷うなら 俺のそばにいて」に大野担は一気に落とされたと思われます(笑) 「マダダメ マダダメ アサマデ アタタメ」のさくらっぷとかも、気持ちよくはまりますよね。

■11.スーパーフレッシュ
 たぶん、このタイトルを聞いたときにアラサーアイドルにどんなアップテンポの曲がやってくるんだろう!って思ったと思うんです。ところが、意外にDJっぽいというか、ミディアムテンポでリズムが強い楽曲でしたね。でも、このちょっと淡々とした抑え気味のラップも大好きだし、「別々の場所で祝う二人は それなりに距離はあるけど」のちょっと高くなって声が重なる感じもめちゃくちゃツボでした!

■12.揺らせ、今を
 タンバリンに合わせてノれる楽曲ですね。なんだろう、ズームインの曲だったからかもしれないんですけど、とりあえず満面の笑みを浮かべてスキップしている翔くんのイメージ。すみません(笑) ユニゾンがとにかく綺麗だし、サビの「揺らせ揺らせ揺らせ」とか「今を今を今を」とか、言葉を重ねていくところもすごく気持ちいいです。「君に風吹きますように〜」からのにのあいの声が強めなあったかいユニゾンの掛け合いもお気に入りです。

■13.もう一歩
 暗いテイストから始まるんですけど、その分、かっこいい覚悟が感じられるような曲ですごい好きです。「出会い繰り返し ここまで来たんだ 手にしたこの絆ずっと」「もう一度 僕を超えていくその先に 何が見えても」「いつか振り返るその日が来たら涙さえ 忘れられる」「もう一歩 僕を超えていくその先へ 空に希望が見えた」「永遠に輝いていて 彼方へと歩いている」最後に、覚悟しただけじゃなくてもう歩いてるんですよ!めちゃくちゃかっこいいし男っぽい曲です。納得の翔くん推し。

■14.スパイラル
 アラフェス投票曲。大好きです。ミステリアス×大野智の真骨頂だと思ってます。それだけじゃなくて、にのも相葉さんも潤くんも、声や歌い方がすごくハマってるし、スパイスになっていて好きなんですよね。さくらっぷもありますし(笑)初めの相葉さんの入り方がめちゃくちゃ好きです。潤くんのハモりもすごい綺麗ですよね。サビのパーカッションとベースの特徴的なリズムが癖になります。あと、翔くんのラップも重たくて色気があります。最後に「離さない君を」で気持ちよく終わるのも大好きです。

■15.over
 あたたかい音楽に乗せた壮大なバラードですね。大野さんは強くて張りつめた歌い方で曲のアクセントになってるんですが、他の4人がすごくやわらかい歌い方をしていてお気に入りです。こういうシンプルな楽曲ほど、嵐の歌唱力の成長がよくわかります。

■16.タイムカプセル
 これは、わりとアップテンポで、明るい曲調ですが、やっぱり切なさがにじむ楽曲ですね。「こころ 中途半端な自分を 捨て去れるなら」の相葉さんの声が大好きです。「いつか宇宙飛行士になる夢も 野球選手になる夢も」「どこに落としてきたのだろう? 無我夢中の日々に」この歌詞もすごくベタなんですが、グッときました。大人になってしまって無邪気なだけでいられない切なさもありますし、あらしの人たちも別にアイドルになりたくて仕方ない人たちじゃなかったんだよな……とか、いろいろ思っちゃいました(笑)

というわけでDisc3終了!
こうやって眺めるとめちゃくちゃ名盤じゃないですか?
ランクイン曲も多いですね。
アラフェスは終わりましたが、未だにいつか「スパイラル」を聞く!という夢を持ち続けています(笑)

あ、あとですね、いまさらですがザ・インタビューズをひっそり始めています。
「大野さんに・シゲにハマったきっかけ」等々、ジャニヲタ的な質問も頂けたので答えています。
もしも関心がある方は、それを見て頂いたり、ご質問を頂けるとこちらの補完になるかもしれません。
匿名なのでお気軽にどうぞ!笑 プロフィールのところにリンクがあります。

あと一枚でウラアラ紹介終了ですね><
ちょっと寂しいです。
またDisc3でお気に入りの楽曲等ありましたら、教えてください♪