読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンドレス・サマー

前向きで切ないアイドルたちが大好きです。

ウラ嵐マニア Disc4

あらし おんがく CD 全曲紹介

新生NEWSのチャンカパーナがついに30万枚突破しました!
おめでとうございます♪

チャンカパーナ(通常盤)

チャンカパーナ(通常盤)


数日前に応援エントリーをあげたので、購入を迷っている方がいたら読んで下さると嬉しいです。

そんな日ではありますが、今日はウラアラ全曲紹介最終日です!
というわけで、ウラ嵐マニアDisc4は続きから!

■ウラアラマニアDisc4一覧

■1.STORY
 パーカッションとストリングスが効いていて、すごくかっこいいです。低音から始まって、少しずつ高い音を重ねていくところも好きです。あとは間奏のパーカッションとスクラッチ?っぽい音が好みです。大野さんの抑え気味の歌い方もいいですね。サビも分かりやすく盛り上がる感じではなくて、抑えつつ、前に進んでいく曲のイメージが良いですね。サビ最後の「駆けて」が響きます。

■2.maboroshi
 切ない失恋バラードですね。こういう曲のにのちゃんの歌い方が好きです。あと、相葉さんの声がすごく効いてますね!2番のAメロめっちゃ好きです。サビの後半でちょっと高くなるところとか、最後また下がるところとか、思いっきり切なくなれてめっちゃ好みです。大野さんソロの「浮かんでは消えてゆく 君の幻」もさらっと歌いつつもすごく切ない!またもや腕をあげてます(笑)

■3.あの日のメリークリスマス
 クリスマスソング!WISH以来ですかね(笑) タンバリン的な結構明るいパーカッションが良い感じで明るい曲なんですけど、歌詞めっちゃ寂しいんですけど!嵐の得意ジャンル、明るく見せかけた暗めな曲です。「一人きりのクリスマス」「そう sing a song ジングルベル 歌うよメリークリスマス」とか、失恋よりもぼっちの寂しさが伝わってきちゃうよ!と思いながら聞いていました(笑)

■4.ever
「元気にしてるかな 空につぶやいても」でまたもや大野担は落とされたことかと。技巧派大野智が空気の多い優しい歌声とビブラートを披露しています。わりとありがちっぽく聞こえる王道な楽曲なんですが、嵐の歌がうまくなってるのでしみじみ聞けます。「大丈夫さ もう一度 やり直せばいいから」のにのちゃんが、ちょっとビブラート過剰なところも含めてなんだかグッとくる歌い方ですね。サビの歌詞もベタな感じなんですけど、メロディーの程よい明るさと前向きさにマッチしていて好みです。

■5.Boom Boom
 打ち込み系のリズム系が重く電子音を使った楽曲。声の加工も結構大胆にしていて、そのあたりも聞きどころかもしれません。Magical Songの時も思ったんですが、こういう電子音っぽいサウンドに相葉さんの声ってすごくマッチしますね。大野さんとにのちゃんのフェイクがすごく良いです。納得の大野さん推し。大野さんソロのテイストがあります。

■6.消えぬ想い
 ミディアムテンポでブラスが結構聞いた感じの、未練たらたらソングですね。こういう曲の初めににのちゃん→相葉さんってずるいですよねー。あとは、大野さんソロの「この声が届きますように 約束なんていらないから 笑いあおう」がアイドルらしからぬ歌唱です。この歌い方は割と最近手に入れた技巧だと思うのですが、「シンガー」って感じの歌声です。

■7.together, forever
 前奏から大好きです!というか、迷宮ラブソングのカップリング全部好きです!ややミステリアスでベース音が強くてアップテンポな楽曲。ユニゾンもハモりもすごくきれいですよね。Bメロの高めのハモりがあるところが特にお気に入りです!

■8.うたかた
 これも大好きです!これもベースやドラムが効いていて、ミステリアスでアップテンポです。一曲を通して大野さんの歌い方が素晴らしくて好きです。相葉さんの「君の心の鍵は」「うたかたの旋律に」もすごくいいです。さくらっぷも短いんですが、インパクトがあってお気に入り。

■9.wanna be...
 これも大好き!なんとなく、にのちゃんの歌だと思っています。ほら、「可愛さ チラつかせ」「直後には突き放す」「挑発に乗るからさ いっそ楽にしてほしい」とか、にのちゃんに翻弄されるわたしですよ! これも大野さんの歌い方のさじ加減が最高ですね。畳み掛けるようなサビも疾走感があってほんと好きです。最後の「君の罪」がいっそすがすがしい終わりで、ここもお気に入り。

■10.How Can I Love
 久々に暗めなテイストですね。ベース音が聞いてます。一番のにのあいユニゾン最高!と思ったら、二番がてんねんのユニゾンではないですか!常々この2人の声の相性は最高だ!と思いながらも、なかなか2人だけのユニゾンはないので貴重な楽曲ですね。あとは、サビの「この声は消えない」「この手は離さない」の感じとかめちゃくちゃ好みです。重たいスローテンポ&テンションが明るくも暗くもない、振り切れていない楽曲の雰囲気を上手に表現出来ているなと感じました。

■11.ついておいで
 最初のドラムで一気に持ってかれますね!「ついておいで」、ってタイトルなのでてっきりほんわか純愛ソングがやってくるのかと思ったら、まさかのカッコいい系のアップテンポソングでした。しかも、「ついておいで 明日をあずけて なんて言ってみたいけれど」って言ってくれないんかい!と思いつつも、最後はかっこいい主人公。まさかのへたれから成長していく曲でした。

■12.ふたりのカタチ
 これも重めのベース音と電子サウンドがいいですね。潤くんと相葉くんで歌っている「繰り返す日々の隙間で咲く 小さな花 君のしるし」がお気に入りですね。ベースもめっちゃ凝ってて音の作りがかっこいいです!ベースだけ聞いちゃうので、ついつい歌の印象がなくなってしまいます……。すみません。

■13.ひとりじゃないさ
 ミディアムテンポのちょっと明るい中ににじむ切なさ系ソングです。珍しくピアノのソロもあって綺麗な曲ですね。これも別れの歌なんですが、珍しく送り出す感じの曲ですね。サビのメロディーが王道J-POPという感じがするんですが、この王道感が意外と好きです。あとは、ユニゾンがきれいですね。「これから 何があっても スタートラインは 僕らのこの場所」ベタだけどもすごく好きな歌詞です。これと次の「目指した未来へ」は同じ世界観で続く曲らしいですね。なので、なんとなくここ2曲は似た印象になります。

■14.目指した未来へ
 ぎらぎらした楽曲が来るのかと思いきや、ミディアムテンポの明るめJ-POPでした(笑) これは結構もろに応援歌なんだけども、ひたすらがんばれ!って感じではないです。肩肘張らずに、慣れないこともいろいろあるけども「まだまだ これから 何とか頑張ってみるよ」って感じの曲です。ユーキャンでも行けそうな新生活応援ソングですね(笑)

■15.君がいるから
 ベース・ギターのアレンジがかなり凝ってますね。緩めで淡々としたテンポとストレートな歌詞があったかい愛情って感じがして素敵ですね。あと、「Ever lasting summer daysの加工した声が重なりあっていく部分がお気に入りです。

■16.花火
 これもめちゃくちゃ好きです!歌詞はアバンチュールってやつですか?笑 「Kiss! Kiss!」ってところの加工した潤くんの声もいいですね!大野さんソロの「もう決して誰も愛せない そう思っていたけれど(今は違うけど)」というカッコの中が雄弁に伝わる歌い方好きです(笑) あとは翔くんに「つつがなく」を割り当てた人は天才だと思います。

■17.voice
 尺八と三線でしたっけ?その二つが和風&沖縄感を感じさせて、夏と海が無条件に広がる曲ですね。全体的には懐かしい人を思い出しながら、誰かを思うほのぼのとした楽曲です。アラフェスのアンコールラストに歌った曲と聞いて、すごくじーんとしました。
「この分かれ道に立って 思い返すのは」「あなたといたその記憶 僕の道しるべ」「色褪せない温もりは この風に乗って」「茜色の空に舞う 大切な人へ」うう、泣けますね。


以上でざっくりですが、ウラ嵐マニア全曲紹介終了です!
長々とおつきあいいただいた方はありがとうございました^^

それにしても、カップリングまで良曲揃い。あと、Disc4まで来ると、嵐の歌唱力の成長がよくわかります。全員成長著しいですが、手数はおおみやの2人がダントツで増えた気がします。大野さんの技巧派っぷりにも震えるアルバムでした!
すごく楽しかったので全曲紹介ほんとにおすすめです(笑)

あらしが続いたので、明日は久しぶりにNEWSのエントリーをあげたいなーと思っています。
また、ご感想等ありましたら気軽にコメントやリプをください♪