読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンドレス・サマー

前向きで切ないアイドルたちが大好きです。

2012年秋の見どころ!

NEWS あらし 他G

前回は完全自分メモの夏のまとめですみません。
今回は中身のあるものを目指したのですが、気付いたらただの自分メモに……。

秋はここを中心にジャニヲタしてきます!っていう宣言になっちゃいました。
今回も引き続き嵐・NEWS以外のグループについて思いっきり触れています
それでも大丈夫な方は続きから!


■この夏特筆すべきジャニーズごと

・エイト8周年開始
・ジャニーズの冠番組が増える
・ジュニア勢の台頭
・NEWSの再スタート露出終了
・嵐の行き先のわからなかったアラフェス


■エイト8周年
 関ジャニ∞はほんと頭がいいですよね。自分たちにしかできないことを常に見つけてきますもん(笑)

 この夏は、3人がドラマ主演、エイトレンジャー公開と宣伝、立て続けのCDシングルリリース。エイトレンジャーカフェ、∞祭というファンイベント、全国ツアー等々、もう8周年を理由にひたすらファンと交流する機会を作り、自分たちの露出をがんがん増やしていきました。
 NEWSの10周年で目指して欲しい貪欲さと露出です。
 ∞祭もコンサートの出来も、記念イベ・記念ツアーをやるグループにとってすごく参考になるだろう会心のクオリティーだと思いました。
 エイトもeighterの方も幸せかつ、ものすごーく多忙な夏を過ごされたのではないでしょうか。

 FCも分かれ、ファンが固定され、改めてファンとの一体感を生む一方で、様々な露出を通じて全員のキャラクターと強みを伝え、新規ファンをごそっとつかまえた夏だったと感じています。
 ヨコヒナのMC、亮ちゃん・大倉くん・丸のドラマ班、やすばの音楽というざっくりとしたすみわけも分かりやすい露出になっていた気がします。

 亮ちゃんが10周年のハードルが上がった、とコメントしていましたが、ほんとにこれを超える10周年は難易度高すぎ!と思うくらい濃度が高く愛にあふれた8周年になっていたと思います。
 これから特典たっぷりのベストアルバムリリースも控えているので、秋はこの一年爪跡を残しまくりのエイトがどこまで攻めていくのか、エイトのがつがつしたしたたかさと戦略が大きな見どころです。

 
■ジャニーズ冠番組
 キスマイBUSAIKUや、KAT-TUNのダメ夜等、ジャニーズグループの冠番組の放送も相次いだ夏でした。ダメ夜はシュールな笑いなので大爆笑という感じではない面白さでしたが、キスマイBUSAIKUにはめちゃくちゃ笑いました。深夜バラエティーに進出することで、バラエティーが始まったグループでのキャラクター認知とグループ人気が上昇し、ジャニヲタ内での人気に変化が生まれていくかもしれません(KAT-TUNは再開というイメージでしょうか)。

 NEWSにもいつか冠番組欲しいですね(笑) 日テレさんに期待!!
 どちらにしろ、バラエティーに強いアイドルの育成を始めたことは大歓迎です!キスマイは昨日からリニューアルした深夜の冠番組も始まったので、今後も冠番組とグループ人気の関係に注目していきたいです。

 
■ジュニア勢の台頭
 バカレアはもちろん、鍵部屋、スプラウト、GTO、黒の女教師、ゴーストママ等々、Jr.勢のドラマ露出もかなり目立ちました。
 また、31のキャラクターや、NHKのRの法則にもJr.が使われる等、歌・ダンス・演技以外の角度からも面白い露出が増えています。

 先日は、Jr.を主人公にした素晴らしい特番も放送される等、外部メディアも事務所内もジャニヲタ界隈もいつになくJr.に注目が集まっている気がします。最近出てきているJr.が全体的に粒ぞろいで、この後誰が頭一つ抜けてもおかしくないくらい、高いレベルで拮抗している感じもあるので、そのあたりも人気の理由かもしれません。
 この秋もバカレア中心にJr.の露出は続くので、彼らの活躍が楽しみです。
 また、個性派のJr.の台頭により一層デビュー組も個性を出してきそうですし、このままJr.のプッシュが続くと、本格的に各GからJr.への担降りブームがやってきそうな気もするので、ファン内の動きも注目ですね。


■NEWSの再スタート露出終了
 7月から本格的にスタートしたNEWSの再スタート露出。チャンカパーナ露出に派生して、何もかもが大きく爪跡を残した濃い露出だったので、私のような新規ファンも相当流入していた気がします。
「再スタート」というドラマ感に惹きつけられる人を満足させるメディア露出と、ずっと応援していたファンに向けたコンサートとイベントの開催。ファンへの感謝の大きさも感動しましたが、優等生で内向きになりがちに見えたグループが、貪欲に新規ファンを獲得しに行っていたところに強い変化を感じさせて、すごくわくわくしました。

夏の再スタート露出は、やり切った!というくらい練に練っていた露出だったので、ほぼ文句なしです。
本人たちも感じている通り、チャンカパーナ」の次のシングルとコンサートが新生NEWSの現状に対する正当な評価になると思います。
今までの露出で惜しいなーと思ったのは、特に東京でコンサートの落選が多く、ちょっと興味ある、くらいの人が入れるツアーじゃなかったことかもしれません。
今回に限ってはずっと待っていたファンの人たちで会場が埋まることが重要でしたし、興味あるな、という人が大量にいてもどうなんだろう、とは思うのですが。

ただ、ファン層拡大を考えると、そういう興味あるな、レベルのファン予備軍に届くDVDリリースと、次回ツアーを作り上げること。そして、そこでNEWSの色とクオリティーを出せるかが大きなカギになってきますね。注目度が高い分、成功も失敗も多くの方のイメージを左右する大切な時期なので、シングル・DVD・ツアー・個人仕事等々を組み合わせながら、チームNEWSがどんな戦略を立ててくるのかすごく楽しみです。

それに向けて、NEWS全体の急務は、4人それぞれのキャラクターを広く認知してもらうことです。NEWSには冠番組がありません。そのため、この秋の最大のテーマは、ドラマ露出のあるますださんとシゲアキ先生がドラマと番宣でどこまで爪跡をのこせるか、という点です。
それぞれドラマだけでも大変だと思いますが、大チャンスなので番宣まで全力で頑張ってほしいところです。

NEWSってどんな人がいるの?どこが魅力なの?という状態を10周年までにどれだけ改善できるかが当面の課題であり、短い時間の中でNEWSの入口になるというハードルの高い仕事を、バラエティーに特化していない2人がどこまでこなせるかが秋一番の見どころですね。
近い日程だと、相葉さん出演の日テレ人気番組大集合特番に、未来シアターチームとしてコヤシゲも出演するので、そこが一つの基準になってくるかもしれません。


■嵐の行き先のわからないアラフェス
 アラフェスエントリーに書いているので長々とは書きませんが、思ったよりメッセージ性の強くないコンサートだったと思います。
 逆に、次回作のPopcornとPopcornツアーで嵐がずっと抱えている課題に何かしらの方向性を打ち出してくるのかなーと期待しています。

 嵐は予想外に大きくなり続けていったプロジェクトなだけに、本人たちも周囲もかじ取りの仕方が難しそうですね。
 国民的アイドル、と呼ばれ始めて結構長くなってきましたが、このまま現状維持というわけにもいかない中で、どんな方向転換を見せるのか。
 アルバムとツアーの中で、嵐が目指す先が見えるといいなぁと。また、番組改変の時期なので、レギュラー番組のSPもありますし、明日はMステ出演もありますし、楽しみなテレビ露出も目白押しです。
 その2つが嵐の秋の見どころですが、やっぱりアルバム&ツアーが気になるところですね。


■その他
 今秋はジャニーズ出演のドラマが多いです。
 キムタク×がやさんの月9、香取さん×ぴーさまのMONSTERS、こーきくん出演の大奥、斗真×田口くんの遅咲きのヒマワリ、優馬×安井くん×北斗くん×野澤くんのPiece。あと、重ねてになりますが、ますださん出演のレジデント、シゲアキ先生出演の花のズボラ飯。風間くん出演の朝ドラも始まってますね。たぶん、全部追えてないですね^^; すみません。
 内容もキャストも期待できそうなのが多いですし、番宣で面白い露出もありそうなので、秋ドラマはちゃんと見てみようかなと思っています!
 

中身がなくてすみません(笑)
NEWS・嵐にとってはそれぞれ勝負の秋になる気がしています。 
どちらも絶対にはずせない時期だけに、一つのプロジェクトとして、どんな戦略を打ち出してくるのかが大きな見どころになりそうです。