読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンドレス・サマー

前向きで切ないアイドルたちが大好きです。

加藤シゲアキさんが『(ファンには)甘えて欲しい』と話したラジオ

2016年5月8日の『SORASHIGE BOOK』の書き起こしです。


■『SORASHIGE BOOK』5月8日放送

(音楽部 Perfumeさんの話)
何か攻めると何か失うということは常に絶対起きるんですけど、
理想は弁証法と言いますか、全部取り込みながら新しいところに行くというのが理想的だと思うんですよ。僕もね。
次のNEXTステージに、新しいフェーズに行こうとしてるんだけど、Perfumeらしさが失われていない。
新しい挑戦を実はしているというのがすごいかっこいいし、覚悟を感じたんですよね。

(以下、ライブDVDの話)
ライブDVDとライブBlu-rayの『White』映像の件で色んな意見がありました。
(収録内容)うんぬんじゃなく、僕が言ったコメントに対する賛否は結構ありましたし、
先ほどの弁証法じゃないですけど、全部踏まえてなるべくみんなの意見を取り込んで、
良いものを作れるのは本当に一番理想的な(形で)、それは僕のスタイルでもあるんですけど。
メンバーがやりたいことを含めて、ファンの人が見たいことも含めて、スタッフの意見も含めて、全部がみんなが幸せになれるものを常に目指したいというのが、弁証法的な僕の今のところのスタイルなんですけど。

(だから)どんな意見も真摯に受け止めますし、『加藤さんにファンが甘えているんじゃないか?』っていうのも意見も結構たくさん来てたんですけど、その点についてはどんどん甘えてほしいなと思いますし。
メンバーを代表して僕ができることは、なるべく僕が代表して話させていただきたいと思います。
『話すな』っていう意見もありましたが、全部何もかも言うわけでなくね、今回のようにちょっとたくさん皆さんがモヤモヤっとしてた場合はね、なるべくみんなが本当に幸せになることを祈ってる、誰も傷つけたくはないんだが、ちょっと言わせてもらうかなあと思います。今後も。

なんかこう『何でもかんでも加藤シゲアキにいうじゃねえ』みたいな意見もきてたんですけど(笑)、
僕で言えることなら僕に言え、NEWS代表してやるから、という気持ちであります。
加藤さんが相談窓口みたいになってますっていうのも(笑)
相談窓口やりますよ、代表して。

でもまあ、あの、結構ね、結構手厳しいなっていう言葉もあるので(笑)
何でも言ってという気持ちと、結構いうじゃんって気持ちが毎回ね、混在しますけどね。全部読んでると。
でも、まあ、本当甘えて欲しいなと思いますよ。

ライブDVD、まだ出たばっかりなんであれですけど、映像の感想ももちろんそうですし、
MVもね、他のメンバーのことはちょっと言えないんですけど、
僕としては監督も務めた、魂を込めたクリエイティブなクリエイションだったので、その辺も感想を待っておる次第でございます。

事の発端は、2016年4月20日発売の『NEWS LIVE TOUR 2015 WHITE』のDVD&Blu-rayの映像特典でした。
ツアーのドキュメンタリーや、MCダイジェスト当が収録されず、ソロ曲の撮り下ろしMVが収録されることが発表になり、"4人のNEWS"や"ツアーの裏側"等を求めていたファンからは、どうして?という声も上がっていました。

シゲアキ先生のラジオへも映像特典に関するメッセージが多く届き、2016年4月10日の放送で今回ソロMVを収録する意図等が丁寧に語られることとなりました。

今回書き起こした内容は、4月10日放送に対する反響、それに対するシゲアキさんの回答です。

今回に限らず、シゲアキさんはラジオに来たメッセージを全部読んで上で、時にネガティブな意見を取り上げることもあります。
どんな意見も受け止めて、自分の言葉で真摯に返してきたシゲアキさんを尊敬している反面、シゲアキさんが頑張らなくても良いのに、とやきもきする気持ちもありました。

今回の件も、正直なところシゲアキさんが相談窓口にならなくていんじゃない?派だったんですけど、
「ポジティブな意見も、ネガティブな意見も、全部受け止める」「(ファンには)甘えて欲しい」と本人が言っちゃうんで(笑)

加藤シゲアキさん、どんだけ器が大きいんだ!
そして、なんてファンに甘い男なんだ!!!笑

最前線に立って舵取りをしていこうという気概に、やきもきしててごめんなさい、と全力で白旗をあげるしかなく、なんだか笑ってしまいました。

NEWSはファンと心の距離が近くありたいと思っている人たちで、見ている人をハッピーにすることがアイドルの仕事だと強く思っているから、シゲアキさんはネガティブな意見もきちんと受け止めて消化させたいって思うんだろうし、”甘えて欲しい”と言ったのだろうと感じました。
傍から見ると損で難しい役回りだけれど、とっくに引き受ける覚悟を持っていたんだなと、今は少しすがすがしい気持ちでいます。

というわけで、コンサートの柔らかい雰囲気、とろけるように優しい笑顔だけでなく、真摯な姿勢と言葉でもファンに寄り添おうとする加藤シゲアキさんの思いに触れたラジオでした。
いやー、この人本当面白い!!加藤シゲアキさん、引き続きおすすめです!笑

ちなみに、そんなシゲアキさんのファン想いのマーケティング能力を使いまくった新作は、『WHITE』のDVD&Blu-rayに収録されているシゲアキさん監督のソロMVです。
ファンの要望を的確に把握されすぎていて震えた力作、まだご覧になっていない方はぜひこちらも楽しんでください!