読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンドレス・サマー

前向きで切ないアイドルたちが大好きです。

ARASHIC 全曲紹介

あらし おんがく CD 全曲紹介

というわけで、宣言通りマメな更新ですよ!!笑

今日は久々に嵐のアルバム全曲紹介です。
本日扱うアルバムはARASHIC
2006年7月にリリースされたものです。

お付き合いくださる方は続きから!

ARASHIC

ARASHIC

ARASHIC一覧

1.WISH
 もう花男が大旋風を巻き起こしていたから、2005年めちゃくちゃ聞きました。
 花男始まった当初は、切ないストーリーにWISHの明るさが似合わない!と思っていたけど、なんだかんだ好きになりました。
 この曲は、歌番組の真っ赤な衣装と、大野さんと潤くんの大サビと、CD借りたらぐだぐだのシークレットトークが始まって呆然としたのが印象的。
 今聞くと面白いけどさぁ、嵐を知らない大衆向けではないですよ!!笑
 まぁ、とにかく歌番組大量に出てましたよね。ほんと見たもん。
 この曲は聞きすぎてもはやよくわかんないんですけど、「A・RA・SHI」以来の誰もが知ってる嵐のヒット曲ですし、今の季節に聞くにはぴったりじゃないかと思いますし、なんだかんだ好きです。はい。
 
2.ランナウェイ・トレイン
「君をそこから 連れ出して Ranaway!」の大野さんの突き抜けるような歌声が好きです。
 てか、この曲わりと正統派のアイドルソングっぽい歌詞なんだけど、そのシンプルさと心地よいメロディーが癖になります。
 ギターが凝りすぎてないんだけど、楽曲全体の勢いを作っている感じでかっこいいです。お気に入り。

3.Raise Your Hands
 これは、ちょっとダークな音も入ってて嵐の得意分野の。めっちゃ好きです。2番の「A・B・C Delight!」がなんか好きなんですよね。
 大野さんのフェイクも艶があって色っぽいし、何より「上の方」ってラップしてる翔くんが翔くんすぎて、すばらしいです。

4.きっと大丈夫
 これも歌番組でめちゃくちゃ聞いた記憶があります。この時期ってたしか、にのちゃんが映画だったよね??
 嵐が4人で出てたから印象に残ってるのかもしれません。
 あとね、たしか翔くんが、いかにもラッパーっぽい面白い格好で歌番組出てきて、全力でCD通りの微妙にひっくり返ったラップをするんですよね。初めはミスっちゃったのかと思いました←
 そんなわけで、私の中では、これはとにかく翔くんの曲です。大卒を抱える嵐が「勉強もラスト」って歌うのも面白かったし。
 大野さんって意外に歌うまいんだ!と思った記憶もありますねー。
 コンサートで盛り上がりますし、私みたいにぼーっと歌番組見てる人にもばっちり残る楽曲だったし、今聞いても全然古くないので、キャッチーさと味わい深さを兼ね備えた良曲ですね。

5.Ready To Fly
 これは大野さん楽曲ですね。初めはソロ曲かと思ったので、2番でややビックリ。本当、踊ってる大野さんが目に浮かぶ。
 ベース音も金管のソロもかっこいいですよねー。
 大野さんの声に合わせた楽曲なんだけど、嵐楽曲らしく、トラックに音が沢山入っているので、へぇーと思いました。
 いやぁ。美声です。
 
6.キャラメル・ソング
 次はにのちゃん楽曲です。にのちゃんの優しくて可愛い甘さがある声にぴったりな楽曲ですね。
 大野さんほどソロ感はないし、にのちゃんの声のよさをたっぷり堪能できて良い。なんとなく、にのあいメインで歌ってみて欲しかったかも(笑)
 にのちゃん自身はこんなに甘ったるい人じゃないと思うんだけど、こういう甘くて可愛い楽曲が似合いますね。
 あとね、「ぎゅっと握り合う手と手」あたりで、大野さんがすごいいい表現してるんですよ。にのちゃんだけじゃなくそっちにも持ってかれて困ります(注:まめかんは大野担です)。

7.COOL&SOUL
 本当に何年経っても色あせない名曲ですね><
 嵐のラップ平均値の高さも改めて感じますね。あんまりね、前々から嵐を知っていたら……と思うことはないんですけど、「ここから幕開け第二章」って歌う嵐だけはファンの一人としての視点で見てみたかった
 半端なく鳥肌立つだろうと思います。だって、どうしようもなくもがいてた頃の嵐がこれを歌うんですよ!?
 しかも、「俺らがあくまでも タイトなパイオニア」「二番煎じ」ですよ!?
 これは大分物議を醸したそうですが、ギラギラ&虎視眈々と上を狙ってる翔くんのリリックはほんとかっこいいです。
 アイドルがオールラップ曲を歌う&翔くんがラップのリリックに世間から嘲笑されるくらい大きな目標を掲げるだけでなく、それを現実にしてきたことが、この曲に大きな付加価値をつけたような気がします。

8.旅立ちの朝
 前曲で幕開けを宣言したかと思うと、次は旅立ちですよ。この流れ好きですねー。
 嵐のアルバムには必ず一曲入っている感じの切な明るい系バラード。
 初っ端のにのちゃんの声が柔らかくていいです。
 この曲は、コンサートDVDで見た記憶が強いですね。特に若かりし大野さんが歌う「Stay with me」と「そろそろいくね 明日へ歩き出す」好きで、泣き出しそうな切なげな表情の大野さんもいいんですが、歌っている大野さんを優しい顔で見守る4人の表情がすっごく素敵で印象に残っています。

9.I Want Somebody
 潤くんメイン楽曲。初めて聞いたときに踊る嵐しか思い浮かばなかったのも含めて、好きな曲です(笑)
 実際、コンサートではがしがし踊ってたそうですし、振りも好きですし。踊れるロック、という印象を持った楽曲で、意外と嵐楽曲の中では珍しい部類じゃないかなぁと思います。

10.Secret Eyes
 相葉さんメイン楽曲。相葉さんの声を上手く活かしていると思いますし、何よりこの夏休みの午後みたいなゆるい音と、大学生みたいな歌詞がとっても似合う!笑
 なんか、みんなでカラオケ行って盛り上がっていたはずが、周りに秘密で彼女と抜け出しちゃおうかなぁ、って言いつつも彼女の気持ちを冷静に観察してる歌詞の感じがちょう相葉さん←
 こりゃモテるわ!笑 

11.超2ありがとう
 翔くんメイン楽曲。正直タイトルにうーん、と思ったのですが、なんだかんだ好きです。翔くんが筋が出るくらい全力でレコーディングしてる図が浮かびすぎて!
 他にも、2番の「Hey」「忘れちゃえ」の歌い方が翔くんにしか出来ない独特な歌唱なので、ちょっと面白くて好きです。笑
 あと、感想の金管部隊とベース音がかっこいいですね。

12.CARNIVAL NIGHT part.2
 コンサートの定番曲なので無条件でテンションがあがる曲。大野さんの振り付けも好きです。とにかく、C&Rが脳内再生されますね!
 初めて聞いたときはそこまでじゃなかったのですが、聞き込むうちにどんどん好きになっていくスルメ楽曲です。楽曲の主人公のように、ラテン系の華やかなお祭りに迷いこんでしまったような、色んな感情がすべて消えていくような、そんな気分を味わうことができて面白いです。

13.シルバーリング
 直球バラード曲。にのちゃんがピアノを弾き語りながらソロで歌ってもおかしくないような歌詞です。笑
 バラードなんですが、大宮じゃなく、大野さん/にのあい、になっていたのも面白いなぁと。ギターソロの泣きもいいですね。
 嵐の歌唱力がぐっと底上げされたのか、「ARASHIC」は正統派バラードも浮かずにぐっと響きます。

14.LOVE PARADE
 ジャズテイストでちょこっとミュージカルを見ているような楽しい楽曲。この曲はパレードなんですけど、なんとなく「CARNIVAL NIGHT part.2」のような別世界に迷い込んだ感があります。笑
「一人じゃ見れない夢を見せてくれた君に」「寂しいときはそう僕の手を掴みなよ」とか、ひねっていないストレートなアイドルソング感もあって好きです。
 あと、全体的にこの曲の大野さんソロがすごく好きです(笑) つるんとしつつ、伸びていて。

 改めて聴いても本当に名盤ですね。嵐のアルバムで1、2を争うくらい好きです。ちなみに、ARASHIC」≒「COOL&SOUL」だったので、なんとなくかっこいい系の曲が並んでいるイメージだったんですけど、もちろんのことながら全然違いますね(笑)
 ARASHICの面白いところは、曲の系統がかなりばらばらで、曲のテンションもばらばらなのにも関わらず、アルバムとしてびしっと締まっている印象を受ける点です。相変わらず音楽のジャンルには詳しくありませんが、嵐がずっと打ち出してきたジャズ・ファンクのテイストをうまーく混ぜこんでいるんだと思います。
 また、改めて聴いてみると、メッセージ性が非常に強い「COOL&SOUL」を先頭じゃなく、真ん中に持ってくることで、アルバムとしてのバランスをとっているんだ!という発見があって、そのあたりもすごく面白かったです。
 このアルバムはアルバム単体としてもすばらしい出来ですし、コンサート曲として見てもすばらしい出来だなぁと思いました。
 CARNIVAL NIGHT part.2は今でもセットリストの常連ですし。
 あと、この頃から嵐の歌番組露出をリアルタイムで見ていたので、昔の映像がぼんやり思い出されて懐かしくなりました(笑)

 アルバムがリリースされた2006年といえば、後輩ジャニーズの台頭が目立った一年。嵐が反撃ののろしをあげたような、とにかく攻めと勢いのある一枚だと感じました。
 嵐の楽曲面でも、決意表明としても、嵐の次章を象徴するリリースですし、今聞いても色あせない魅力を持った作品だと思います。
 
 簡単ですが、ARASHIC全曲紹介は以上です。
 ご意見、ご感想等ございましたら、コメントor リプでお待ちしています♪

 また、前回も告知しましたように、12月いっぱい、ブログのテーマリク&その他ブログに関する要望を受け付けております。
 なお、匿名希望の方は、インタビューズをご活用ください。
 こちらも合わせてお待ちしています☆